×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

定年退職の贈り物定番

団塊の世代の人達が大量に定年退職を迎え、退職記念品を贈る機会が増えていると思います。
定年退職のお祝いで記念品を贈る場合、気をつけなければならないことは、飲み物や食べ物のようにすぐなくなるような品物はなるべく避けた方がいいということです。
贈り物はすぐに消えて無くなる品物より、長い間残るような品物がいいとされています。
記念品の定番アイテムとしては、ガラス製品、盾、時計などがあります。
ガラス製品での記念品としては、「フォトフレーム」「グラス」などが長く使えるうえに、見た目も美しく、メッセージを彫刻してくれる店もあるようですばらしい記念品ですね。
記念品の定番の一つで、退職祝いの記念品として会社の名前の入った盾などを贈る場合ことがあります。
時計の場合、「懐中時計」の人気が高く、長い間身につけることのできる記念品の定番の一つです。
>>楽天でデジタルフレームの格安情報を見る

定年退職の記念品

定年退職の場合、退職する日付は決まっていますので、お祝いの準備はしやすいですね。
職場で送別会を企画し、退職祝いをするものいいでしょうし、送別会を辞退される場合は、退職祝いの記念品を贈るのもいいのではないでしょうか。
記念品などを贈る時期は、当日何かとあわただしい中、荷物でかさばらせないように、送別会を行う場合はその場でお渡しするのがいいでしょう。
贈る記念品の品物の熨斗紙には、蝶結びのものを使うようにして、表書きは「御祝」「退職記念」「退職祝い」「祝 御退職」「御餞別」などがいいでしょう。
一般的には部署単位、部署全員や有志などの複数人で贈り物をしますが、特にお世話になった場合や、交流があった方に対しては個別に贈ってもいっこうに構わないと思います。
職場で送る場合は、予算は最低1万円程度のものがいいのではないでしょうか。

記念品は定年退職後の生活に役立つもの

定年退職される方に、家族、社会、会社のためにと頑張って働かれた感謝とねぎらいの気持ちを込め、記念品を贈るのがいいのではないでしょうか。
最近では、定年退職は引退というのではなく、再就職や、大学で勉強したり、ボランティア活動に励んだりと活発に活動される人が多いので、記念品も退職後の生活に役立つものが喜ばれるようです。
趣味に関するものや、カジュアルな服装に合いそうなカバンやベルト、再就職の方にはビジネス用品、女性の方の場合はアクセサリーやスカーフなどいいかもしれませんね。
手作りのアルバムや寄せ書きなどでもいいかもしれませんし、お花を贈るのも一般的によいとされています。
簡単に済ませるならネット通販のギフトセンターからお勧めセットなど、予算と相談しながら選んでみるといいかもしれません。
現金を贈るのは、グループでまとまってというのであれば問題ないでしょうが、個人で贈る場合はあまりよくないと思います。

Copyright © 2008 定年退職の記念品